約400年の伝統があるとされる丸森和紙

丸森和紙は仙台藩祖伊達政宗が、

山がちで水田の少ない丸森で生産を奨励したのが始まりとされる。

伝統の製法で生産を続ける職人は宍戸さんという方だけなそうです。

 

今日、高校の時のお友達が遊びに来て

この和紙を頂きました。

 

宮城県で生まれ育ったのに知りませんでした。

若い頃は、興味もなかったので知ろうともしなかったのですね💦

 

ラッピングを始めてから、いろいろ紙のことを知りました。

和風ラッピングでは和紙を使うので

和紙の原料や作り方など少し学び

洋紙にはない味わいがある理由がわかりました。

他にも白石和紙も有名なようです。

これを機会に、地域に目を向けてみようと思いました。

 

 


    

 

 

 

明日から二日間

ラッピング協会でプレゼントラッピング上級クラスの

講習を受けてきます。

このクラスに合格しますと

当教室でもレッスンが可能となりますので

頑張って受講してきます。

 

 

 

 

今日は父の日

ちょっと忘れられてしまう存在の父の日

いかがお過ごしでしょうか?

 

父が他界してから8年が経ちました。

 

皆さんと父の話をすると

「お父様は、いつも笑顔で優しかった方ですね」と

言われます。

 

そんな父は、私が結婚してからも

お誕生日には、「おめでとう」の電話を必ずくれていました。

 

亡くなる前の年の私のお誕生日に

ちょうどデパートで英国展をしており

その時に購入したものを送ってくれました。

 

私のお気に入りの一つで

現在は玄関前に飾っています。

 

父の日にふと亡き父との思い出にふけっています。

 


   

 



   

 



   

 

 

 

 

今日の仙台は、暖房が欲しくなるような寒さです。

暖房はつけていませんが

ちょっとつけようかな?・・・という誘惑が(笑)

 

ラッピングの資料請求がありましたので

リーフレットを再編集

 

ラッピング協会の料金体制が変更になったため

当教室も料金見直し

 

ホームページの方も変更をしましたが

これからもう少し見直しがあるかもしれませんのでよろしくお願いいたします。

 


  

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ぽちっと

趣味ブロ

趣味ぶろ 教室ブログランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM